お知らせ

弊社事業内容のおさらい

更新日:

最近、何をやっている会社かと聞かれる事が多くなりましたので、
一旦まとめたいと思います。

■システム開発部門
①botを使った自動応答(これをAIと呼ぶならその類です)
こちらは中長期的には、各ユーザー様にone to oneな出力を行い、本物のAIと呼べるものまで高めていければと考えています。

②IoTデバイス製造、それに伴うシステム開発
現在のメイン事業です。
具体的には、
タブレット他IoT端末の設計、製造
顔認証による顧客管理
オーダーの自動化
在庫、発注管理の自動化
事前予約とスマートフォン連動、決済などです。

これらを組み合わせると、
事前に内容が分かった上でお客様より予約が入り、在庫と連動し、来店時は顔認証で特定でき決済まで終えるといった、スムーズな対応ができます。
場合によっては顧客対応も端末で完結します。

省人化をキーワードとし、
「マニュアル労働者やサービス業従事者の人件費を削れる所はとことん削る」
を基本概念に各企業様と一丸となって開発を進めています。
これにより
・労働者人口の減少に対応
・ルーチンワークに人間が介在しない事によるヒューマンエラーの削減
・雇用リスクの削減
を実現します。
上記を眺めると良い事しかない様に見えますが、IT部門に管理者を置き、扱う従業員への教育が発生し、当然の事ながらシステム運用費はかかります。
今までとは違う所に頭を使う必要があり、施策によってはすぐにコスト削減には繋がらないかもしれません。
まずは省人化をめざし、そこからコスト削減を狙っていくべきで、弊社は中長期的なご提案をさせて頂いています。

①と②を組み合わせ、将来的にはヒューマノイドなデバイス開発へと進めて
いければと考えています。

■映像部門
・映像コンテンツの企画開発
現段階では公表できませんが、いくつか映像コンテンツの企画を進めています。
一般人も気軽に映像コンテンツを作成し、公開できるようになった昨今、質の高いもの、いつまでも記憶に残るコンテンツ制作を作っていかなければ
生き残っていくのは厳しい時代になりました。
また、劇場公開ではなくネット配信での公開が増えていく中、
作品の作り方を新たに模索していかなければいけなくなりました。

弊社はプロとして既存の映像制作を念頭に置きつつ、これからの時代に対応した新しい作品を作っていくべく日々企画開発を行っています。

以上となります。
少しでも気になられましたら、お気兼ねなくご連絡ください。
お打ち合わせで未来を話し合うだけでも、楽しい時間が過ごせると思います。

(弊社は2月17日より在宅勤務を開始していますが、特に問題なく通常営業を行えています。)

-お知らせ

Copyright© インディビジュアル株式会社 , 2020 All Rights Reserved.